子育てがひと段落した夫婦に見合った保険の見直し方

CX_FE049

子育てもひと段落して再び、夫婦二人の生活へと突入した時の保険の見直し方を御説明します。

いざという時に備えておく

まず、死亡保障何千万円という部分ですが、払込み満了まで高額な保障は必要ありませんので思い切って、減額しましょう。1000万円もあれば十分でしょう。払込満了と共に、その保障はなくなりますし、お子さんたちが1人立ちしたのであれば万が一の時に備えておきたいのはむしろ、「終身部分」となって来ます。
終身とは、言葉の通り終身保障です。いずれ、夫婦のどちらかが亡くなってしまった時の為の保険です。
年金生活に入れば、貯蓄などなかなか出来る時代ではなくなりました。ですから、葬儀代を含め、慌てなくて済むように最低でも200万円は欲しいものです。

TPP解禁で日本の生命保険会社は壊滅状態になるかも…。 – NAVER まとめ

早めに保証金を見直す

終身部分は保険料が高くなりますので、若い時、又、お子様の学費がかさむ時期には殆どの保険外交員の方が増額を勧めません。ですから、最低金額の100万円のままになっている方は少なくありません。
是非、御自身の保険の終身部分がいくらになっているかをチェックしてください。早いに越したことはありません。そして、もしも本当に100万円のままになっていたら早めに200万~300万円にしましょう。その際、高額な死亡保障の減額を一緒にすると下取りに組み込んでもらえますので無理のない保険料の設定になりますので安心して保険会社の人に申し出てください。test

徹底したアフターフォロー!生命保険の見直しはこちら